母の日のプレゼントを贈る側の立場

twitter google+ LINE はてなブックマーク

ここでは母の日のプレゼントを贈る側の立場、つまりは自らの立場によるプレゼントの選び方を紹介します。

相手あってのプレゼントですが、当然贈る側がいないと成り立ちません。

無理せず、なおかつ相手に喜んでもらえるものを選ぶためには、自らの状況を考えておきましょう。

学生

学生にもいろいろとありますが、まずはアルバイトなどを行っていない学生から考えてみましょう。

アルバイトもしていない学生であれば、無理に物品を上げる必要はないでしょう。

日頃の感謝の気持ちを言葉で表してみてはどうでしょうか。

ただ、それだと照れくさいでしょうから、1000円程度のカーネーションなどを購入し、プレゼントするのも良いでしょう。女性でしたら手書きのメッセージカードを添えるのも効果的です。

日ごろもらっているお小遣いやお年玉を、このような状況のために残しておけるかどうかがポイントです。

次にアルバイトを行っている学生ですが、アルバイトができるということは、高校生か大学生、専門学校生などが中心と思われます。それなりの年齢になっていますので、プレゼントを贈ること前提で考えましょう。

プレゼントの額は1000円程度でもよいでしょうし、2000円程度でもかまわないと思われます。この辺りの額でしたらカーネーションあたりを選ぶのが無難です。

カステラなどのセット商品も存在しますので、飲食系とのセットも検討しましょう。

女性でしたら手書きのメッセージカードを添えることで、母への感謝の気持ちが伝えやすいのではないでしょうか。



新社会人

新社会人とは、学生などが初めて定職等につくことを指します。

人によって状況は異なるかもしれませんが、新社会人になって初の給料日の後にやってくるのが母の日です。

もともと新社会人になった人の初任給の使い方のうち、両親への感謝の意を表すために何かしらプレゼントを贈るということはよくあります。

そのプレゼントと母の日とを絡めてみると面白いと思われます。

金額的にはやや奮発して、最低ラインとして5000円くらいは用いてみてはどうでしょうか。場合によっては10000円台でも良いでしょう。

ただ、新社会人になり、実家からではなく一人暮らしなどの賃貸住宅に住むようになる場合は、今後の出費も増えるでしょうから、やはり5000円台などに抑えることをお薦めします。

この辺りは自らの金銭感覚と実際の給料とで検討しましょう。

社会人

すでに何年か社会人として過ごしていくうちに、お金の使い方というのは自らで把握できると思われます。

そうしたお金の中からどれくらい母に対してかけられるかというのは、当然把握できるのではないでしょうか。

ただ、日ごろ自分の利欲のためだけに使っておきながら、母へは何もできないというのでは自律ある社会人としては好ましくありません。

日ごろから多少なりとも貯金を行い、母の日のために備えましょう。

金額としては3000円台から5000円台くらいが適切と思われますが、この辺りは手元資金などを確認して決定しましょう。

既婚者

結婚相手の母親に対しても母の日の対象となりますので、何かしらのプレゼントをするとよろしいのではないでしょうか。

相手の母親に対してはなかなか接することの少ない場合も多いでしょうから、無難なカーネーションや食品系がお薦めです。

男性でしたら無事に過ごしていますという意味も込め、やや豪華な花などを選択し、女性でしたら近況をつづった手紙などをプレゼントに添えると喜ばれると思います。特に、手紙に関しては、自分のことよりかは相手にとっての息子に当たる夫や、子供を生んでいる場合は子供について触れておきましょう。

その際に否定的なことは書かず、夫の良い点やうれしくされたことなどを書くことで、その夫を生んだ母親として喜ばしく思うのではないでしょうか。