母の日のプレゼントを金額別にチェック

twitter google+ LINE はてなブックマーク

ここでは母の日のプレゼントを金額の面からチェックしていきます。どれくらいの額のものが良いのかなどを決める際の参考にしてみてはどうでしょうか。

1000円台

小さなカーネーションなどは1000円台で購入が可能と思われます。

また、飲食系とのセットで1000円台のものもあることがあります。

1000円台というと少ない額のように思えますが、学生などでしたらこれくらいの額のものからプレゼントを選んでも、なんら差し支えありません。

アルバイトなどをしているのでしたら、もうちょっと高い額でもよいのではないでしょうか。その時は、アルバイトをしているときに、母のために働いているという心持を持つことで、仕事に対してのモチベーションにもつながるかと思います。そうした日を一日持つだけでも、心身の充足に役立つものと思われます。



2000円台

2000円台ですと、カステラとカーネーションのセットなどを売っているお店もあるため、比較的幅広くプレゼントを選ぶことのできる額と思われます。

ただ、ボリュームのあるものを選ぶにはやや少ない額のため、母に適したものを自ら選び、贈る必要性があります。

女性でしたら手書きのメッセージカードなどを添えるなどして、母への感謝の気持ちを表すと、金額以上の価値を見出すことができるでしょう。

3000円台

さまざまなセット商品なども選択の対象となる価格帯です。カーネーションもボリュームのあるものを選ぶことができることから、できればこの額以上を予算として用意したいところです。

5000円台

この辺りの額になると、鉢も用意された商品が多くなります。

贈り先に鉢がなさそうな状況の場合は、鉢有りを選びましょう。

プリザーブドフラワーもこの辺りの額から良い商品が出てきます。長期間保存が可能なため、プレゼントとしての価値も長続きすると考えれば、ちょっと無理をしてでもこの辺りの価格帯を目指したいところです。

飲食系とカーネーションとのセットもお薦めできます。

10000円台

10000円台になると、さすがに普通の人の感覚からすればかなり高い額と言えるでしょう。当然、母の日だけでなく、誕生日などにもプレゼントを贈るようになるでしょうから、できれば、5000円ずつとして母の日と誕生日とに予算を分けたほうが良いかもしれません。

ただ、そうしたなかでも10000円台の商品を選ぶのであれば、やはり長持ちするプリザーブドフラワーであったり、実用系などを中心に選んでいきましょう。

新社会人の初任給の最初の使い道として母の日は最適のため、最初だけ無理して今までの恩に報いるのもよろしいのではないでしょうか。